明治30年(1897年)名古屋市西区に「岐阜屋梅吉商店」を開業。

今からおよそ110余年前、明治30年(1897年)、初代社主・加納小太郎は、名古屋市西区裏塩町(現本社の近く)に鉄鋼販
売業を生業とする「岐阜屋梅吉商店」を開業いたしました。これがカノークスの創業です。商号を「加納小太郎商店」と改称、
やがて大正時代に入り、当時優れた鉄鋼生産国であった英国やベルギーから鉄を輸入し始め、程なく当社は会社組織を「合名
会社加納商店」(大正8年)に法人化いたしました。当時の国産鋼材は、殆どが軍需向けであったため、当社は民需向けの鋼
材として輸入を開始したのです。そして、第二次世界大戦直前には米・ベツレヘムスティールからも輸入を行っていました。
しかし、時は富国強兵の世の中、やがて大日本帝国海軍から指定問屋の指名を受け、多くの鉄鋼軍需物資も扱い始めたのです。
このような環境の中、当社は名古屋の鉄鋼問屋として国家奉仕を宗とする商いを、
第二次世界大戦終結まで続けていました。また、戦後は連合国軍・マッカーサー
元帥のGHQによる鉄鋼統制の下、指定問屋として戦後のわが国の復興に寄与し
ました。







1958年「加納鉄鋼株式会社」に改称。1961年名証に上場。

そして、昭和23年(1948年) には会社組織を株式会社に改め、続いて昭和33年(1958年) に業容の拡張を機に「加納鉄鋼株式
会社」と改称、昭和36年(1961年) には名古屋証券取引所に株式を上場致しました。
その後、鉄鋼専門商社として東海地区で最初の「鋼材加工センター」を竣工させ、「ジャスト・イン・タイム」にスケッチサ
イズの商品をお届けする」をキャッチフレーズに業容の拡大をすすめて来たのです。この「鋼材加工センター」はその後拡張
を続け、名古屋市港区に移転し「加納鋼板工業<現・空見スチールサービス>」として独立。
自動車向け鋼板やシャッター材などを扱い、当社グループの一角を担っています。
昭和49年(1974年) には、大手仕入先の日新製鋼が系列の統合を図ることとなり、その販売会社「新々商事(日新製鋼が株式
100%保有)」を吸収合併し、資本金を10億円に増資しました。











鉄鋼製品に限らず、扱い製品の総合化とイメージの刷新のため、

1991年「株式会社カノークス」に改称。

二度のオイルショックを経て、円レートの高騰がはじまり、取引先の海外展開と国内の空洞化の波は、足早に鉄冷えの時代を
もたらしました。そんな中、当社も総合化・国際化への道を改めて考えるときがやってきたのです。当社が過去行っていた海
外との取引は、わが国の鉄鋼技術水準が低かったことと、国産の鉄鋼は民需向けが殆ど無かったからのことで、戦後わが国の
鉄鋼業界は世界最高水準の技術を維持するまでになり、海外製品の輸入は殆ど必要ありませんでした。しかし、国内製品が円
レートの高騰により一部の商品が高くなりすぎると、安い海外商品を輸入せざるを得なくなり、貿易を改めて開始することと
なったのです。
また、鉄鋼製品だけに限らず以前から建材類やプラスチックなど幅広く扱っておりましたので、総合化を唱え、社名の改称を
行いました。さらに、物流の一角を担うものとしての拠点づくり(加工センターや物流基地)に注力し、資本金を増額23億
1,000万円としました。そして、平成3年(1991年)10月1日、商号を現社名「(株)カノークス」に変更し、現代センス
にマッチした若者にもうける名称にしました。この社名は次のコンセプトの基に作られたものです。まずベースは、名古屋の
名門企業としての「かのう」の音の響きを残すということ、そして、ロゴの一文字ごとに下記の意味を持たせることとしたの
です。



企業として常に新しいフィールドへの可能性を模索する精神を表現しています。
製品開発やヒューマンウエア(社員意識)に関しても、
斬新で想像力豊かな提案で企業としてのステータスを高めていきます。


企業として将来を望む崇高な姿を心に描くことです。
その姿と社員一人一人の夢とがオーバーラップしてくるよう、相互の信頼関係により、目標に向けて邁進していきます。


社名・ロゴタイプ・企業理念・社員意識などすべてにわたって新しくなった「カノークス」を表現しています。
そして、ベースには「革新は善」とも言える先進的な考え方があります。


チャンスを逃さず、ビジネスを成功させる強い意志を表現しています。
常に情報のアンテナを張り巡らせ、敏速に好機を見極め、企業活動に生かしていきます。


将来に向けての無限の可能性、はかりしれない潜在能力を表しています。
事業開発や新製品企画など私たちにしか出来ないサムシング=Xを求め続けてゆく企業姿勢を表現しています。
新しい精神を伝えます。
創造開発企業 CHALLENGING AMBITIONS FOR NEW OPPORTUNITIES
昭和33年元旦、恒例の新年互礼会後の記念写真
昭和38年6月第一期工事が完成した
空見鋼板剪断工場
トヨタ自工の石田会長ら多数の来賓の
参観をいただいた新工場内部
昭和36年6月17日「中日新聞」
創業90周年記念社史
「鉄に生きた九十年」
昭和63年発刊
取締役相談役 加納庄太郎 著
平成3年3月28日「中部経済新聞」