当社の会社情報の適時開示に係る体制の状況は下記のとおりです。

(基本的な考え方)
当社はお客様、株主をはじめ投資家、地域社会等から正しい理解と信頼を得るため迅速、
正確かつ公平なディスクロージャーを実行することを基本方針としています。

重要な決定事実に関する情報開示について
当社は適時開示の対象となる重要な決定事実については、社内規程に基づき取締役会に
おいて機関決定した後に、情報統括管理責任者の指示により迅速に開示いたします。

決算に関する情報の取扱い
決算に関する情報は経理部が会計データに基づき作成した数値等の資料、総務人事部及び
経営企画が作成した定性情報、翌期の業績予想を取締役会の決議後、速やかに開示いたし
ます。

重要な発生事実に関する情報開示について
適時開示対象となる重要事実が発生したときには、社内規程に沿って迅速に開示いたします。


【適時開示に関する業務フロー】